誰かのために、行動できるような人間でありたい

投稿者:

こんにちは。グアテマラの日系NPOで日々活動しています吉澤海(@kaiyoshi328)です。

毎日の業務に忙殺されていることやグアテマラという環境にいるからか、
なかなか、人と直接会ってお話しすることはありません。
誰かとのお話しはSkypeやメッセンジャーを使って話すくらいです。

海外にいてもサクッと何かのツールで人と繋がることができちゃうあたり、便利な世の中だなぁと感じています。
しかしその反面、人と直接会わなくなくても色々と何とかなってしまうこの状況に、逆に煩わしさを感じたりもします。

便利さや効率性を求めるのもいいけれども、
非効率なものが生み出す温かな人間らしさっていうのもありますよね。
(便利になることや、効率性を求めることが悪いとは思ってません。)

非効率なこととは、やろうと思えばできるけど、やっていないこと。

例えば、誰かの誕生日にプレゼントを買った場合、
それを自分で会いに行かずに郵便で送ってしまうか。
時間をかけて会いに行って、直接プレゼントを渡すのか。

受け取った側はどちらも嬉しいと思いますが、やはり直接受け取ることができると嬉しいですよね。
そういう行動が、人の感動を生むんだなと思います。

ここまでで、何が言いたいのかというと、時間をかけてでも、直接会って話したい人がいるし、話さなきゃいけない人もいます。
そう思っている時に効率さを求めたり、手を抜いちゃダメなんですよね。

非効率な行動をすることで、SNSなどのツールで繋がっている脆弱な繋がりではない、強い繋がりを持つことができるんだと思います。

行動ができなかったり、先延ばしにしたことは、
心につっかえて、心残りがあるような状態になるんですね。

 

まだまだ、今の自分は心につっかえたものが多い状態にいます。
なかなか素直になれない自分がいますし、
グアテマラにいるという理由から先延ばしにしていることも多々あります。

先延ばしにしている理由とかは、自分を守ってるだけなんですけどね。
変えていきたいなぁ、変わりたいなぁと思います。

 

非効率な行動ができるときは、決まって誰かのためだと思っています。

非効率でも、誰かのために行動できる、時間を使うことができる人間でありたいですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください