『1440分の使い方 成功者たちの時間管理15の秘訣』を読んだら、僕は時間をあまりに意識してないことに気づかされた

投稿者:

こんにちは!グアテマラのNPOで活動している吉澤海(@kaiyoshi328)です。

 

仕事にめちゃくちゃ追われていると、

あれ、これってもう少し効率良くできたんじゃないだろうか。。。

と、余計に時間をかかってしまったり、

 

あー!このタスク抜け漏れしてて、できてなかった!期日まで時間がない!

と、タスクの抜け漏れが起きることや、

 

今日も仕事が終わらなかったな。。。

と1日のタスクを消化しきれずに消化不良を感じてしまうことがあります。

 

できれば、きっちりとやるべきことを終わらせて定時で帰りたい。

そんなことを思いながらも、日々のタスクに追われてしまっていたのが僕でした。

 

もっと効率的かつ効果的に、自分の時間を使いたいなぁ。

こんなことを考えて、なんかスケジューリング関係で良い本ないかなと、

AmazonのKindle本を物色していたときに見つけたのがこの本です!

『1440分の使い方-──成功者たちの時間管理15の秘訣』

この本を読んでみて、時間を意識することの大事さや時間の有限性についてを考えてみました。

日々、1440分をどう生きるか

本のあらすじ

本書は、時間管理やスケジューリングをすることでの生産性の向上について、様々な著名人と取材を行い、それを15の秘訣として書かれています。

著者が実践していることや、著名人が実践していることを、名言つきで紹介している本です。

7人の億万長者、13人のオリンピック選手、29人のオールAの学生、そして239人の起業家。計288人への取材から導き出された、時間管理と生産性向上にまつわる15の秘訣を、本書ではより実践しやすい方式とともに紹介する。

Amazonより引用

どんな人に読んでもらいたい本か。

ぜひ、冒頭で書いたことのように、

  • 効率良く業務を行うことが難しい
  • タスクの抜け漏れをしてしまう
  • 予定通りにタスクが終わらず、消化不良になる

こういう人たちに読んでみてもらいたいです。

今回は僕が参考になる!と思った点を4点ご紹介します!

 

1440分ってなんの時間?

この本でまず、心に刺さったのは、1440分の意味です。

まず、1440分って何のことって思うかもしれません。

 

これは、1日にある分数です。

1日は24時間ですね、分にすると1440分であり、秒だと86200秒です。

 

僕は、そもそも1日が1440分であることを考えたこともなかったです。

まず時間を意識しなきゃと思いつつも、全く意識できていないことに気づかされました!

 

1440分は寝ている時間も含まれます。

仮に寝ている時間が6時間だったとすると、すでに360分は使っているので、

残り時間は1080分しかありません!

 

1080分しかないなら、無駄にしたくない!

こんな気持ちが芽生えてきました!

 

1つ、あなたにとって重要なことを見極める!

1日1440分ないし、1080分をどうやって生きるのか。これにかかってきます!

こうなってくると、確実に優先順位をつけていく必要が出てきます。

そして本書では、その中でも「一点集中」として、最も重要なタスクから取り組むことが良いといっています。

 

限りある1日の自分の時間をどう使いたいでしょうか。

 

業務で言えば、最も優先順位高いところから取り組むことがよく、

私生活で言えば、僕自身、誰かの幸せや笑顔のために時間を使いたいです。

まずは優先順位を決めて、自分の時間を使うべきところに、必要な分だけ時間を使いましょう!

 

To doリストを使わない!

本書では、To doリストを使わず、スケジュールに埋めることが良いとしています。

 

そもそも、なんでtodo リストではなく、スケジュールへ埋めることが良いのでしょうか。

それは、to doリストはいわゆるウィッシュリストになってしまって、やりたいことで溢れるけれども、いつ行われるかわからないタスクでいっぱいになってしまいます。

だからこそ、すぐにスケジュールへ入れてしまい、タスクの予定を組んでしまうことで、必ず実施していけるということです。

 

うーん、これはわからなくはないです。けれどもこれに関しては、使いようではないでしょうか。

そもそもタスクには大小あって、優先順位もあります。

とりあえず、スケジュールに入れてしまったタスクを行っていく上では、先にスケジュールしたもん勝ちみたいになったりしないでしょうか?

そしたらスケジュール調整しろよ!とはなるとは思いますけど。。。

 

僕は今、todoリストとスケジュール表を二つ使用することで、抜け漏れがないかや優先順位を確認しながら業務を行っています。

意外と二つを併用すると、消化されず残っているタスクを事前にスケジュールに組んだり、優先順位を見ながら、スケジュール変更も容易で便利ですよ!

 

メールは一度しか触らない!

いや、メールやメッセンジャー限らず、メッセージ関連何度もも開けたり、未開封にしたりしてました。

メールやメッセンジャー見てから、あとで返そう!ってよくやって、内容忘れてまた読み直してました。

 

良い文章を何度も読みかえすのは良いですが、

正直、どうでもいい内容などは、読んだらその場でパッと対応してしまうのが一番いいですね!

 

今は実践してみて、まとめて読む時間を設けて対応をしてます。

何度も同じメール読み直さずに、すぐに対応することで時間短縮できてきてますよ!

 

ただ、やはり自分にとって大事な連絡とかはすぐに読んで返してしまいますね。

 

さいごに

時間に対する意識を変えることは、自分の思ったことを思った通りにやることにも通じます。

最も重要なことを見つけ、そのために貴重な時間を使っていきましょう。

 

読んだことで、新しい気づきや学びを得られることはいいですね。

次は、どんな本を読もうかな。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください