アティトラン湖で人生初のフルマラソン!

投稿者:

こんにちは!グアテマラよりお届けしています、吉澤海(@kaiyoshi328)です!

日本からグアテマラに帰ってきて、早1週間ちょっと。
4月22日になんとフルマラソン走ってきました!

人生初のフルマラソン。

日本に一時帰国直前、本当に勢いだけで申し込みました。

 

実はもともと長距離走るのがものすごく苦手で、10キロ以上走ったこともありませんでした。
そのおかげか、ギリギリになっても全然練習せず、ほぼぶっつけ本番。
事前に練習なしでも、フルマラソンを走りきれるのか調べてた。しかもなんとかなりそうだとおもってしまうくらい、完全になめてました。。。

(ちなみに、読んだ記事では我慢しろ!とかの精神論や可愛い人見つけてついていけって書いてありました。笑)

そしてフルマラソン当日、走り始めは、「おっ、これは案外いけんじゃないか?」とか思ってました。

だけど吉澤海至上初のマラソンで15キロを過ぎたくらい、
もはや登山だろっていうような急斜面の坂にやられました。

まだ写真を撮る余裕のあった序盤

なんとこのアティトランマラソン、標高1500mくらいから2200mくらいまでの坂を登るんです。
この坂きつすぎて、最初から最後まで歩きました…

ちなみに景色はものすごく綺麗だったのですが、もはや写真を撮る余裕はありませんでした。。泣

 

そこで、股関節、太もも、ふくらはぎがつって、足が重くなり、体が重くなり。。。

21キロあたりから、走っても走っても、一向に進まない。
距離を測っている腕時計を何度見ても、毎回100mしか進んでない。

 

嘘でしょ。全然進まない。あー、もうやめたい。なんで走ってるんだ?って何度も考える。
バスが後ろから走ってくるたびに、これに乗れたらどんなに楽だろうか、
トゥクトゥク(バイクタクシー)が来たら、途中まで乗せてくんないかな、とかばっかり頭に浮かんでは消え。

それでも、「いや、ここで乗ったら負けだ!」と思い、諦めずに進み続けました。

 

途中32キロくらいで、ずっと待ってくれてた友人たちが応援してくれ、応援で泣きそうになりつつも、なんとか気持ちを奮い立たすことができ、
(このとき声援を背中に受けながら走っていきましたが、両足のふくらはぎがつってて、ここで立ち止まったらダサい!とか思いつつ、走ってました。笑)

 

最後は、なんで自分が前に進めてるのかもわからないくらい、身体中が痛かったけど、本当になんとか完走できました。
ゴール直前から、ゴールで待ってくれてる仲間がいることが本当に嬉しくて、めっちゃ感動してました。

 

今回完走できたのは、本当に一緒に参加した仲間や応援してくれた友人のおかげです。

一緒に参加したフルマラソンのメンバー

一緒に参加したみんなは、途中まで一緒に走って、そこから先に走っていってしまったけど、みんなも頑張ってるから負けてられないって思ったし、
途中で待ってるって言ってくれた友人たちのところまでは行かなきゃって気持ちでなんとか前に進み続けることができました。

マラソン前日にストレッチをやってくれた友人にも感謝です!
本当にありがとうございました!

 

タイムは6時間11分でした。タイムとしては不甲斐ない。
でも、今回はなんとか完走できたことを素直に喜びたいと思います。

 

またフルマラソンを走りたいかって聞かれたら、意外とまた走っても良いかもとも思います。
とりあえず、自己ベストは更新したいなぁと思う。
でも、まあ、当分は走りたくないです。笑

フルマラソンでだいぶ老けた気が…

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください